スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.06.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

フェイスブック上場劇の顛末

2012年5月18日はIT界にとって記録すべき日となりました。いよいよフェイスブックが上場を果たしたのです。
IT業界の寵児はわずか28歳。上場日にかねてから交際中だった彼女との交際ステータスが結婚に変わると100万以上のいいねを集めました。まさに幸福の絶頂にあったといっても過言ではないでしょう。



ところが株価の方は意外に振るいませんでした。最高値は45ドルとなったものの、終値は38.23ドルと新規公募価格をわずかに上回る程度。
参考記事:フェイスブック上場 初日の終値は38.23ドル

市場からはきなくさい声も聞こえてきます。幹事証券会社であったモルガン・スタンレーらの機関投資家はまだ公表されていなかった決算報告に関する数字から、株価はすぐに下がると判断し、フェイスブック株(FB)が上場するやいなや、空売りに転じたというのです。

全米を震撼させたサブプライム騒動の舞台裏を描いたマイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画、「キャピタリズム〜マネーは踊る〜」では消費者の弱みにつけこんだ金融業界のハイエナぶりと、何も支配権をもっていない一般消費者の弱さを描いています。

今回のフェイスブック上場でも損をしたのは、事情をよく知らなかった一般投資家だけだったのかも知れません。フェイスブックの上場は世界中の大手メディアがこぞって取り上げました。

上場で得た資金をもとに、フェイスブックはどんな攻勢に売ってでるのでしょうか。従来のオンラインコマース(Eコマース)という言葉に対してFコマースという言葉まで生み出した世界最大のソーシャルネットワーク(SNS)、もうすぐ10億に手が届こうかという規模の巨大経済圏に成長したフェイスブックの今後の動きに世界の注目が集まっています。


スポンサーサイト

  • 2012.06.06 Wednesday
  • -
  • 06:54
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

海外市場調査,市場開拓のハローG

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

profilephoto
  

search this site.

others

mobile

qrcode