スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2012.06.06 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

ファーストフードチェーンも参入、カフェ市場

日本で「アメリカン」と言えばコーヒーの代名詞というくらい、アメリカ人はコーヒー好きという印象があります。
しかし元々欧州や日本には長い間存在した、コーヒーを中心とする「カフェ」市場は、実はアメリカではスターバックス(開業は1971年シアトルにて。テイクアウトとエスプレッソを中心とした現在の形態になったのが1986年)登場以来と、歴史はそう長くありません。ちなみにファーストフードの雄、マクドナルドはカリフォルニア州のサンバーナディーノにて1940年に第一号店が開業しています。

コーヒーハウスチェーンに加え、近年マクドナルドもマックカフェで、グルメコーヒー飲料を中心としたカフェ市場に力を入れているが、これにバーガーキングなど、他のハンバーガーチェーンも参入中です。


米マクドナルドのウェブサイト上の商品案内。清涼感たっぷり


2007年に日本再進出を果たしたバーガーキングは Seattle's Best Coffee というグルメコーヒーを提供しています。すでに大成功を収めているスターバックスのコーヒーよりも、安価な類似品を提供することで、消費者への訴求力を強くしています。アメリカでは日本ほどデフレ感が強くはないのですが、この不況下では価格はやはり大きなセールスポイントです。アメリカ人は大のコーヒー党が多いので、コーヒーの味に拘る方が多いようです。
また、全米の多くのマクドナルドではWiFiが無料で使えるようになっているなど、競争力向上に力を入れています。商品の多角化、付加価値的サービス、徹底した価格的訴求力、というのが競争の柱となっているのは、何もアメリカに限ったことではありません。
日本でも、牛丼から豚丼、朝の定食の拡充、安価な価格設定などでしのぎを削っている和食ファーストフード店吉野家と松屋などの価格競争が、これに似ています。



バーガーキング内のコーヒーについての看板


ただ、クリームと砂糖たっぷりのコーヒー飲料はカロリーもたっぷり、一杯で500カロリーまであるのでご注意を。ちなみにアメリカの大手フランチャイズ飲食店では製品のカロリーなどが全て公開されている。スターバックスの製品についてはコチラをご参照ください。
私はアメリカ暮らしが人生の半分くらいになりつつありますが、無料でいくらでもおかわりができるソーダや、砂糖たっぷりのコーヒーに子供たちを慣れさせるのにはやはり抵抗があります。小児糖尿病が多いのもアメリカ社会の問題の一つですので、また機会があればそれらも取り上げたいと思います。


スポンサーサイト

  • 2012.06.06 Wednesday
  • -
  • 13:09
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

PR

海外市場調査,市場開拓のハローG

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

profilephoto
  

search this site.

others

mobile

qrcode